Semper Fidelis!! ver.2

カテゴリ:Oxford 英語研修関連( 31 )

Daily life in Oxford -Day 30- Final Day

d0013003_19202610.jpg


日本に帰ってきた。


この一ヶ月間は色々な経験と多くの出会いがあったと思う。飛行機の中ずっと考えてた。自分は出発前と比べて成長して帰ってこれたんだろうか?英語はちゃんと上達したのだろうか?と。


答えは、成長していると思う。


知り合った多くの人たちの支えのお陰だと思う。感謝×②


さて、明日からは通常の毎日。大学・バイト・就職活動の後始末などなど。することはたくさんあるけど、この一ヶ月で得た経験を生かして頑張りたいと思う。




↑↑の写真は日本の出国前と同じ構図で撮ったんやけど、荷物が増えてるのがわかるかな?
[PR]
by azy83988 | 2006-09-19 19:20 | Oxford 英語研修関連

Daily life in Oxford -Day 29-

d0013003_19193060.jpg



朝がやってきた。


帰りたくはないけど。


帰らなくてはならない。


いつもどおりの起床時間に目が覚める。そしていつもと同じようの食堂へ向かい朝食をとる。いつもと同じように部屋に帰るが、今までと同じ生活はここで終了。昨晩までに荷造りを終えたスーツケースを片手に部屋を出る。扉を閉める前にもう一度部屋を見渡す。1ヶ月間生活していた部屋とも今日でお別れ。いろんな思い出を胸に扉を締める。


中庭に集合して周りの景色を見渡すが、全てに思い出が詰まってるので別れが惜しい。バスに乗り込んだ後も日本に帰国するってのが信じられない自分がいた。バスの中ではずっとKiroと話し続けていた。お互いの夢・将来の目標について。1時間半のバスの旅もあっという間にすぎてしまい、空港が見えてきた。別れ時が刻一刻と迫ってきてる。


空港では最後の最後に俺が一番迷惑をかけてしまった。機内持ち込みの手荷物が引っかかってしまい、みんなの荷物に分散して入れてもらったり、超過重量の罰金に関してもKiroやGriffの必死の説得のお陰で支払わずに済んだ。ありがとうって伝えたら、”It's OK! You always help us, so I have to help you if you are in trouble! ”これを聞いたときほんま感動で泣きそうになった。


荷物を預けた後、セキュリティーチェックのゾーンまで来たんやけど、そのときRAsが俺たち一人一人に手紙を渡してくれた。中は飛行機に乗るまで読まないようにって。ほんま泣かせてくれるよ。飛行機の出発時間が迫ってきてそろそろゲートに進まないといけない時間やけどやっぱ名残おしくて行きたくなかった。そんな時にRAsが”Time to leave! Takayoshi and Akemi go first, and everybody follow them!” "Takayoshi, please take vare of them, and you will arrive at Japan, please send me an E-mail. "って。俺だって最後まで残りたかったけど、RAsの期待には応えないといけない。誰かが動かないときっと動かない。だからこそ俺に頼んだんだと思う。俺はRAsに手を振って振り向かないでゲートに向かった。景色が少し霞んで見えたのは気のせいではないと思う。


GEのターボロップエンジンがうなりを上げ機体がイギリスの大地を離れたとき、本当に日本に向けて戻るんだと実感した。ありがとうKiro・Griff・Jim・Simita。難しいとは思うけど、必ずイギリスに帰ってきたいと思う。もっと大きくなって。
[PR]
by azy83988 | 2006-09-18 19:19 | Oxford 英語研修関連

Daily life in Oxford -Day 29-

d0013003_19172310.jpg


オックスフォードで過ごす最後の夜。


今夜は大学の仲間全員で近所のパブへ飲みに行きました♪普段みんなあんまし飲まない人が多いんやけど、さすがに最後の夜って事で結構飲んでたんじゃないかな?


こんやは英語の先生も飲み会に参加していたので俺はSimita先生とずっと話をしていた。お互い旅行が好きで、旅先で起きたハプニングや、日本のこと、イギリスのこと、いろいろなことを話していた。話は尽きないけど、時間はあっというまに過ぎていく。いままでにもっと話をしておけばよかったと思った。別れ際に”You are excellent student, because you have a confidence to use English. This is important thing to improve your English. Never forget this.”って言ってくれた。間違いを恐れず自信を持って英語を使えば上達するし、相手にも通じるから、これは忘れないでって。これからも、頑張って勉強を続けたいと決心した。別れは寂しいけど、メール送るし、Simitaは来年からフェローとして日本に学びにくるから、その時に再会したいと思う。


パブを出た後はみんなで寮に帰ったんやけど、やっぱ名残惜しくて中庭でみんな集まってずっと話して盛り上がってた。特に先日から何度もこのブログに登場しているJim先生のテンションが最高潮にまで上がっていて、急にカンフーをしだしたり、突進してきたりでととても面白かった。あんなJimを見れるとは思ってなかったw でも、最後の別れのときは泣きそうになった。ずっとお茶らけてたのに急に真面目に”You are best student! I'll never forget you.”って言ってくれた。ほんま授業内外でJimは英語を教えてくれて、俺は漢字や日本語を教えたりで本当に楽しい時間が過ごせた。マジでJimは最高の先生だったと思う。ぜひ今度は日本に来て英語の先生をして欲しいと思う。


先生たちと別れた後、俺はRAsのKiroとGriffと一緒にコモンルームでビリヤードをした。この一ヶ月間のことをいろいろ話しながらPlayしてたけど、ほんと楽しい一ヶ月だったと改めて感じた。
ほんと2人には感謝×②である。別れは明日の空港でやけど、泣いてしまいそうやな。


ほんと今日は最高の夜だった。
[PR]
by azy83988 | 2006-09-17 19:17 | Oxford 英語研修関連

Daily life in Oxford -Day 27-

d0013003_1132859.jpg

[PR]
by azy83988 | 2006-09-16 11:03 | Oxford 英語研修関連

Daily life in Oxford -Day 26-

d0013003_1115386.jpg

[PR]
by azy83988 | 2006-09-15 11:01 | Oxford 英語研修関連

Daily life in Oxford -Day 25-

d0013003_102224.jpg

"Brain! Not using machine!"


ジム先生の口癖。授業中にわからない単語に出くわすと、みんなすぐに電子辞書でしらべるから、『機械を使わないで、頭で考えろ!』って言う。なんかこれがいつもの決まり文句みたいになってたなぁ。


それと、授業中に突然中国語講座が始まる時があった(笑)英語単語の意味を漢字でホワイトボードに書いて中国語で発音し出したりとか。急やからいつもびっくりする。


それに最近日本語にも興味があるらしく、色々と教えた。主なものは以下のとおり。


『行くぜ!! -Let's go-』

『すみません -Excuse me-』

『乾杯 -Cheers!-』

『拙者、ジムでござる! -I'm Jim.-』

などなど。


ん?なんかおかしいのはいってるって?大丈夫☆ちゃんと"Sessya means I, but it's an old SAMURAI's expression."って付け加えといたから(笑)でも、本人がごっつい気に入ってしまって止められへんかった。日本に来た時に使わないことを祈る☆


さて、↑↑はジム先生とパブへ行った時の写メ。今日もパブに『行くぜ!乾杯♪』の雄叫びが響く(笑)


We Love Jim♪
[PR]
by azy83988 | 2006-09-14 10:22 | Oxford 英語研修関連

Daily life in Oxford -Day 24-

d0013003_8464185.jpg

[PR]
by azy83988 | 2006-09-13 23:46 | Oxford 英語研修関連

Daily life in Oxford -Day 23-

d0013003_3511521.jpg


今日はオックスフォードのクライスト・チャーチカレッジを訪問してきました。





ん?





この写メの光景どっかで見たことないかな?





え~っと。。。





ほら!





あれあれ!





まだわからない?




んん~





明るさの調子がまずかったかな。





ヒントはとある映画のワンシーン。





メガネの少年が魔法使って活躍するやつ。





わかった?





ホグワーズ魔法魔術学校☆





ここまで言ったら大概の人はわかったはず!





そう☆ハリーポッターシリーズののホグワーズ魔法魔術学校の食堂のシーンで利用されているのがこのクライストチャーチ・カレッジの食堂なのです。どう?すごいでしょ☆他にもオックスフォード大学には同映画で使われたロケ地があるとの事。残り期間は少なくなったけど、ぜひ制覇してみたいと思います♪


P.S.うちの大学の女の子がハーマイオニー役のエマ・ワトソンに街中で遭遇したらしい。うらやましい限りですw
[PR]
by azy83988 | 2006-09-12 22:51 | Oxford 英語研修関連

Daily life in Oxford -Day 22-

d0013003_7495711.jpg

[PR]
by azy83988 | 2006-09-11 07:49 | Oxford 英語研修関連

Daily life in Oxford -Day 21-

d0013003_4284673.jpg


おかげさまで風邪も治りました。


ということで、病み上がりにも関わらず日帰り旅行に行ってきました。昨日風邪をひいてなかったらスコットランドのエジンバラへ泊りがけで行く予定やったんやけど、仕方ない。ということで、目的地を変えてロンドン郊外にあるはウィンザー城へ行ってきました。


ここは日本の皇族で説明すると那須の御料邸ってとこでしょうか?エリザベス女王が週末を過ごす別の宮殿みたいなところです。あいにく今日は女王は滞在していらっしゃらないかったけど、そのおかげでほとんどの広間や部屋を見学することができました。


↑↑の写メはそのウインザー城の中心に位置している本丸?見たいな建物。居住スペースがここにあるらしいです。さすがのこの建物の中は見学できなかったけど、そのほかの国賓を招いて晩餐会を開催する広間や、女王の控えの間・謁見の間などを歩いて回ったんやけど、豪華絢爛とはこのことを言うんだなって感じました。晩餐会の様子を資料映像として流していたけど、まるで中世にタイムスリップしたかのような錯覚を感じさせるほど優雅でした。


皆さんも機会があればぜひ訪問してみてください。ほんとすばらしい場所だと思います。
[PR]
by azy83988 | 2006-09-10 04:28 | Oxford 英語研修関連



米国海兵隊の標語”SemperFidelis"は『常に忠実であれ』という意味。自分自身・他人に対して、いつもそんな自分でいたい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
My リンク集
★☆Blog関係☆★
☆関西学院大学の友達☆
☆基礎演習の友達☆
セクハラ☆りんご

紫じぇねれーしょん

メロンとプリンと紅葉

MAXE4系 P編成やまびこ

☆総合政策学部の友達☆
Maxies-Cheese

まこつ記

COLOR DROPS

smagodt

゚・。 キ ラ キ ラ 万 華 鏡 。・゚.

paint the sky with my beautiful days

a.L.L a.b.O.u.T cHi@kEy...

★Mash' Room★


☆SCSの友達☆
寄り道

戯言ずるずる・・・

何事もゆっくりじっくり

こころの叫び

こんなもんやって。

ピカピカな毎日

finding my own way.

郷~ふるさと~

ジンセイ イロイロ

☆昔からの友達☆
きらきら★☆三十一文字★☆~えりてぃ(の過大)解釈つき~

(´ェ`)ありがとう

☆職場の友達☆
トミタのにちじょうちゃめしごと

★☆テーマパーク関連☆★
Universal Studios Japan

TOKYO Disney Resort

★☆航空関係☆★
日本航空

全日空

エアー・ニッポン

★☆日本政府関連☆★
首相官邸HP

外務省

防衛省

統合幕僚監部

陸上自衛隊

海上自衛隊

航空自衛隊

幹部候補生学校

★☆国際関係・安全保障☆★

日本国際問題研究所

平和・安全保障研究所

防衛研究所

School of Advanced Intrnational Studies

The Center For Strategic and International Studies

The International Institution For Strategic Studied

★☆就職活動関連☆★
リクナビ2007

日経ナビ2007

毎ナビ2007

en Japan

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧