Semper Fidelis!! ver.2

カテゴリ:NDA・SDF関連( 5 )

Marching festival 2006

d0013003_1449249.jpg

今日は東京研修二日目。


昨晩の打って変わり晴れ渡る空。朝日が眩しいくらいに目にしみる。昨晩のアルコールと寝不足の影響で少し頭痛があるけど、懐かしい友達と出会って話ができたので気分はとてもいい。今日も1日頑張れそうだ。


さて、今日は自衛隊音楽祭りの見学。研修でもアトラクション的な内容だ。この音楽祭りは陸・海・空の各自衛隊の音楽隊がパフォーマンスする催し。他にも米国陸・海・空軍+海兵隊の軍楽隊も参加する、マーチングバンドとしてはかなり本格的な規模である。


というか、今回音楽を聴いている途中、涙が込み上げてきた。演奏に心揺り動かされたというか、感動してなのか理由はわからない。でも、音楽を聴きながら涙したのは生まれて初めてだった。
[PR]
by azy83988 | 2006-11-18 21:49 | NDA・SDF関連

Defence Agency -Ichigaya-

d0013003_1448042.jpg


今日は東京研修1日目。


いま省昇格問題でホットになっている防衛庁を訪問してきました。左右対称な構造でとても美しい庁舎である。敷地内はとても静寂な空気が支配していたけど、それとは対照的に庁舎内では数多くの自衛官・事務官が現在発生している防衛問題。また将来の国防の備えに関して熱い銀論を交わしているということがわかった。


今回は陸上幕僚監部に所属する方とお話をする機会が持てたが、仕事のスケールの大きさはもとより、「今日ようやく帰れそうですw」って言葉が印象的だった。国防という仕事は24h休むことのない業務であるということと、その崇高な任務のために昼夜隔てなく身を粉にして働く人たちがいるっていうことに改めて気づかされた。なかなか興味深い仕事であるし、一生をかけるだけの価値があるのではないかと思った。


さて、防衛庁を訪問した後は、オックスフォード大学の英語研修で知り合った青山学院のメンバーと再会。あれから早いもんで2ヶ月が経ったんやけどみんな元気そうで変わりなかったかな?相変わらずすぃもときよのコンビは大阪人顔負けのボケ突っ込みやし、入院してすごい心配やったりえちゃんも回復傾向にあることやったから安心。なかじ改めキモスはナルシスト振りと迷言を爆発させてたのがよかった。


「俺が痴漢に間違われるわけないやんw」


今夜一番のヒットです☆たきさんも相変わらずの感じで年長の貫禄出てました。でも、意外なとこが抜けてて、終電逃してたのが面白かった。あの後、無事に帰るor漫画喫茶見つけれたのかな?


ほんまオックスフォード大学研修は同じ関西学院のメンバーより青山学院のメンバーと仲良くなったな、って改めて実感した一日でした☆東京⇔大阪の距離は離れているけど、卒業までまた遊びに行きたいと思った。みんなほんまありがとうね♪
[PR]
by azy83988 | 2006-11-17 22:48 | NDA・SDF関連

OCS & 4th Artillery Regiment

自衛隊の朝は早い。昨日から幹部候補生学校に研修で来ているのだが、06:00から始まる候補生の早朝点呼の様子を見学する為に、俺達は05:15に起床。まじ眠い。そして寒い…


候補生隊舎の前で広報官の方の説明を聞いていると起床ラッパの音色が。(自衛隊は時間の節目×②にラッパを吹く)その瞬間一斉に隊舎の明かりがつき、窓が開けられ、『おはよう!』の雄叫びが。候補生当直の『迅速に行動せよ!』『○分経過!』っていう声が響く中、次々と候補生が飛び出してきて“乾布摩擦”を始める。(←候補生学校の伝統。真冬でもやるらしい…)起床ラッパから概ね8分位で全候補生が隊舎の前で整列している姿を見てただ×②ビックリ。その後も粛々と点呼・その日の伝達などが行われ解散。あとは腕立てする区隊や、掃除に向かう区隊など無駄のない動きで向かう姿にただ×②感心。環境変われば人間もそれにあわせて変わるもんだなと思った。


で、昨日から感じてたのが、候補生には無駄な時間がないこと。ご飯は5~10分位で詰め込み、次の用事へ向かう。移動にも無駄がない。広報官の方によると風呂もカラスの行水くらいで終わらせるらしい。そうして時間を切り詰めないといわゆる“自分の時間”(洗濯・メール・電話などなど)の時間を確保できないらしい。恐るべし幹部候補生学校。警察学校に入校してた友達も似たようなこと言ってたし、やっぱここまでやらないと精強な人間を育てられないってことなのかな。


そんな時間に追われる生活をしている候補生にとって、ご飯の時間は重要ってことはさっきも言ったと思う。そんな1分1秒を争うご飯時、配膳の慣れていない部外の俺たちが並んでるのを見て候補生が一言。





『これは障害だ。』





えぇ~Σ(゜O゜ノノ




確かに言えてるけど、障害って言い方が自衛官っぽかったな。その後、候補生は地雷原(俺達)の障害を突破(抜かして)して行きました。そりゃ俺達に合わせてたら時間の浪費ですからね。


さて、食事のあとは学校見学。どのような施設があって、どのような教育が行われているかの概略を知ることができた。やはり人の上に立つ者は知識のみならず人間的にも磨ががれないとあかんのやなと改めて実感。教育も英語をはじめとした国際的な教育にも力を入れていることがわかった。来年からは更にITを駆使しした教育方法を導入するらしい。さすがである。


で、学校見学の途中で国旗掲揚の時間があった。ラッパの音色が流れる中、全候補生・全職員が掲揚台に向かって敬礼している姿はまるで映画のワンシーンのように感じられるほど、静寂でかつ厳かな雰囲気であった。


幹部候補生学校の見学が終了した後は向かいにある第4特科連隊を訪問。外国で言うところの砲兵部隊やね。そこでは訓練の一部で155mmりゅう弾砲FH70っていう大砲の操作法を見せていただいた。話によるとこの大砲から飛んでいく弾は24Km先に着弾するらしい。ざっと大阪→神戸くらいの距離なんかな??技術の進歩ってのはすごいもんです。その他にも大砲は敵の航空戦力の標的になりやすいので、部隊を守るための訓練で91式携帯式地対空誘導弾(いわゆるスティンガーミサイル)の模擬発射訓練も見学させたいただけた。あとで実際に持たせてもらえる機会があったのだが、隊員の方は結構軽そうに持ってたから俺もいけるやろ♪って思って担いだら・・・


よろけてしまいました(--;)


男として情けない限りです。ま、映画のなかではランボーがこれを担いで走りまわってたけど、実際には厳しいような気がしました。映画は映画ですねwま、こんな感じで自衛隊の日常の一端に触れることができた貴重な経験でした。
[PR]
by azy83988 | 2006-11-01 23:36 | NDA・SDF関連

Osaka → Kurume

人生で初めて10時間バスに乗りました。どこへ行くときも飛行機(なければ新幹線)という超贅沢BOYの俺にとっては苦痛以外のなにものでもありません。


目的地は福岡県久留米市。飛行機使って伊丹→北九州か、新幹線使って新大阪→博多で久留米に行けば時間は1/3~1/2まで圧縮できたと思うけど、今回は個人旅行ではないので仕方なかったのです。


まじ死ぬかと思いましたよw


さて、今回は陸上自衛隊幹部候補生学校第4師団の第4特科連隊を訪問するためにはるばるやってきました。


でも、1日目はほとんどが移動。特に何も見学はしていません。マジで疲れた。
[PR]
by azy83988 | 2006-10-31 18:53 | NDA・SDF関連

Middle Army 46th Anniversary

d0013003_1145843.jpg

今日は卒論等の関係で陸上自衛隊中部方面隊・創隊46周年記念行事に参加してきた。


陸上自衛隊の中で、東海・北陸・近畿・中国・四国地区2府19県(全国面積の約30%)の防衛・警備・災害派遣等を担任しているのがこの中部方面隊である。方面総監部という司令部は兵庫県伊丹市にある伊丹駐屯地に置かれており、今日訪問したのが、この駐屯地である。


中部方面隊は最近多くの活動に参加しており、先般派遣されていたイラク人道復興支援活動の第5次・第6次隊に隊員を派遣したり、広島県呉市における断水にもよる災害派遣(給水支援)を行った。11年前には阪神淡路大震災時に被災地で救援活動を主に行ったのもこの中部方面隊である。しかし、活動の機会が増えているのは、単に中部方面隊だけに限った話ではない。防衛庁・自衛隊として活動の幅が広がってきているのは事実である。それを端的に示している言葉として次の一文がある。


「存在する自衛隊」から「機能する自衛隊」へ


よく政治家やマスコミが使う言葉である。東西冷戦時は存在すること自体が抑止力となり意義があったが、防衛庁・自衛隊を取り巻く環境は大きく変わりつつあり、単に抑止としての存在だけではなく、国際的な平和構築のための活動への参加や、国内外における災害派遣など、国防という本来任務以外の付随的な任務が増大しているのが現状である。

このような移行期における自衛隊において、現役の幹部にインタビューする機会が持てたが、その時の言葉で印象的なものがある。


「われわれ自衛隊が活動する必要のない世の中が一番いい。我々が動かないってことは、つまり世の中が一番平和ということですからね。」


その通りである。本当にそのような世の中になってくれたら一番望ましい。しかし、現実の世界情勢は極めて流動的であり、我々がいる極東アジアも北朝鮮の核開発によって大いに緊張感が増している。常に何らかの危機にさらされている我々の日常は幹部の方がおっしゃった世界とは大きくかけ離れてしまっているような気がする。しかし、少しでも平和な世の中になるように世界の人々が英知を出し合ってほしいと思う。
[PR]
by azy83988 | 2006-10-22 17:45 | NDA・SDF関連



米国海兵隊の標語”SemperFidelis"は『常に忠実であれ』という意味。自分自身・他人に対して、いつもそんな自分でいたい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
My リンク集
★☆Blog関係☆★
☆関西学院大学の友達☆
☆基礎演習の友達☆
セクハラ☆りんご

紫じぇねれーしょん

メロンとプリンと紅葉

MAXE4系 P編成やまびこ

☆総合政策学部の友達☆
Maxies-Cheese

まこつ記

COLOR DROPS

smagodt

゚・。 キ ラ キ ラ 万 華 鏡 。・゚.

paint the sky with my beautiful days

a.L.L a.b.O.u.T cHi@kEy...

★Mash' Room★


☆SCSの友達☆
寄り道

戯言ずるずる・・・

何事もゆっくりじっくり

こころの叫び

こんなもんやって。

ピカピカな毎日

finding my own way.

郷~ふるさと~

ジンセイ イロイロ

☆昔からの友達☆
きらきら★☆三十一文字★☆~えりてぃ(の過大)解釈つき~

(´ェ`)ありがとう

☆職場の友達☆
トミタのにちじょうちゃめしごと

★☆テーマパーク関連☆★
Universal Studios Japan

TOKYO Disney Resort

★☆航空関係☆★
日本航空

全日空

エアー・ニッポン

★☆日本政府関連☆★
首相官邸HP

外務省

防衛省

統合幕僚監部

陸上自衛隊

海上自衛隊

航空自衛隊

幹部候補生学校

★☆国際関係・安全保障☆★

日本国際問題研究所

平和・安全保障研究所

防衛研究所

School of Advanced Intrnational Studies

The Center For Strategic and International Studies

The International Institution For Strategic Studied

★☆就職活動関連☆★
リクナビ2007

日経ナビ2007

毎ナビ2007

en Japan

検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧